Tap to close

東灘区で頭痛にお困りの方へ

東灘区で頭痛にお困りの方へ

電話番号道案内

東灘区で頭痛にお困りの方へ

こんにちは。阪神の青木駅から徒歩3月分のあかり整骨院の奥野です。

 

今年も残すところ1月となりましたね!

皆さん仕事納めに向けてお忙しく働かれていることと思います。ついつい無理をしてしまう今の時期こそ体調を崩してしまいがちです。

積もり積もった疲労が爆発してしまう前にお身体のケアをしましょう!

 

今回は3大頭痛の1つ片頭痛と、薬物乱用頭痛について書いていきます。

片頭痛は女性に多く、ズキズキと脈を打つような発作的な痛みが片方の頭に出現します。

吐き気や、閃輝暗点と呼ばれる目がチカチカする前兆が現れる場合もあります。

そして、身体を動かすことで悪化することが多く、ひどい場合は仕事や日常生活に支障をきたす可能性があります。

また、痛みが続いている間は刺激に対して敏感になり、光や音、臭いなどの刺激から吐き気を催してしまうこともあります。

 

片頭痛の原因に関しては明確になっていません。

三叉神経という頭や顔面の感覚を支配する神経があり、脳の血管が痙攣し血流が悪化することで、この三叉神経を刺激し、その結果発生する炎症物質が血管を拡張させることで発症するといわれています。

 

また、普段から痛みに悩まされている人の中には、慢性連続性頭痛(毎日4時間以上の頭痛が15日以上出現するもの)と呼ばれる状態にあり、市販の鎮痛薬を日常的に服用されている方が多くいらっしゃいます。

その中でも、1月に市販の鎮痛薬を15日以上飲んでいる人は、鎮痛薬の過度の服用で引き起こされる薬物乱用頭痛である恐れがあります。

繰り返し鎮痛薬を服用することで、脳が痛みを感じやすくなってしまった状態のことです。

こうなってしまうと、本来なら痛みを感じることのないレベルの刺激でも痛みを感じてしまうようになります。

痛みを抑えるはずの鎮痛薬が、痛みを助長することに繋がりかねないのです。

しかし、薬物乱用頭痛は鎮痛薬の服用をしばらく中止することで改善が期待できます!

 

あかり整骨院では、どうしても痛みが我慢できない場合を除き、頭痛薬の服用を控えて頂くようにお願いしています。

その代わりに、こまめにご来院頂き治療をすることで、そもそも頭痛の出にくいお身体に変えていきます。

薬物乱用頭痛かな?とお心当たりのある方は、闇雲に鎮痛薬を服用する前に、お近くの治療院や頭痛外来を受診されることをお勧めします。

頭痛の種類によって対処の仕方も変わります。まずはご自身の頭痛が何によって引き起こされているのかを知りましょう。

その上で、頭痛薬を手放し、快適な生活を送れるように一緒に頑張りましょう!

 

ご予約はブログの下にあるバナーから電話をして頂くか、LINE@で友達登録をして頂きLINEからご連絡してくださいね。

まずは気軽に連絡してください(^^)/スタッフ一同お待ちしております。

 

 

ご予約・お問い合わせ

電話

line@

ネット

営業時間