Tap to close

青木駅の周辺で腱鞘炎にお困りの方へ

青木駅の周辺で腱鞘炎にお困りの方へ

電話番号道案内

青木駅の周辺で腱鞘炎にお困りの方へ

こんにちは。神戸市東灘区の青木駅から徒歩3分のあかり整骨院の奥野です。

 

今年も残すところ後2週間となりました。風邪やインフルエンザも流行っているようで、当院にもマスクをしてご来院される方が増えています。体調管理をしっかりして一年の最後を良いものにしたいですね!

 

さて、今回は腱鞘炎について書かせて頂きます。

腱鞘炎の腱とは、骨と筋肉を繋ぐ部分のことです。腱があることで、筋肉と骨の動きが連動し、自由に体を動かすことが出来るわけです。

この腱は細い繊維状のもので、それを包んで束ねているのが腱鞘です。

日常生活や仕事の中で繰り返し手や足を動かすことで、腱鞘に炎症が起き痛みが生まれます。このため、パソコン作業や書き物をお仕事にされている方や、頻繁に手を使用される方に前腕部や手指の腱鞘炎が多発します。

また、出産後のお母さんもよく苦しめられています。お子さんを抱っこしながら、片手で家事をこなすために多くの負荷がかかり、腱鞘炎になってしまうのです。

手の親指の腱鞘炎であるドケルバン病や、スムーズに指を曲げることが出来なくなるばね指などが代表的な疾患として挙げられます。

簡単に言うと、使い過ぎなのですが、中には糖尿病などによって腱鞘が肥厚し、腱鞘炎になる場合もあります。

 

この腱鞘炎、症状が長引きやすい疾患の1つです。

特に普段から患部を沢山使う人は、一度痛みが出てしまうとなかなか軽快せずに、長期間痛みが続く場合が多くみられます。

ここまで書くと皆さんすでにお気づきかと思いますが、一番良いのは患部を使わないようにすることです。

患部を極力使わないようにし、痛みや腫れ、熱感のある時に冷やすように徹底することで、自然と軽快していきます。

しかし、お仕事や家事などで手を休めることの出来ない方は、出来るだけ早期に治療を受けることをお勧めします!

繰り返し使ったことで疲労し、硬くなってしまった筋肉を柔らかくすることで炎症を抑え、症状の改善が見込めます。

また、腱鞘炎になってしまう方の多くは、お身体の使い方にも問題があります。

肩関節や肩甲骨の動きが悪く、必要以上に腕を動かしてしまうことで疲労が溜まり、腱鞘炎になりやすくなってしまいます。

 

そこで、あかり整骨院では、上半身全体の動きに着目し、歪んでしまった背骨や肩甲骨、筋肉を正しい位置に戻すことから始めます。

それに並行して患部の治療を行い、痛みを軽減させ、痛めにくいお身体へと変えていきます。

実際に右前腕の腱鞘炎でご来院された患者様は、痛みがひどくお仕事の道具を持つのに支障がでるほどでした。

診察させて頂くと、軽く右肘に触れるだけでも痛みが出現し、右肘から手首にかけての筋肉がカチカチに硬まっていました。

また、お仕事の影響からかひどい猫背で、肩関節の動きも悪かったため、①局所の筋肉を緩め炎症を落とすこと②背筋を伸ばして肩関節と肩甲骨を正しく動かせようになること、を目標に治療を開始しました。

痛みがひどいものの、お仕事を休める状態ではなかったため、極力毎日通院して頂き、遅くても3日以内には通院して頂くよう指導しました。

その結果、指導通り通院して頂いたおかげもあり、10回ほどの治療で問題なくお仕事ができるまでに回復してきました。

今は、引き続きお身体の歪みを整えながら、お身体のメンテナンスに通って頂いています。

 

残念ながら、一度ひどくなってしまった腱鞘炎は、ご自身の力だけではなかなか改善しません。

場合によっては手術が必要になることもあります。

しかし、症状が慢性化する前に適切な処置をすることでその痛みは軽減することが出来ます。

腱鞘炎かな?と思ったらすぐにお近くの治療院で治療を受けましょう!

 

 

ご予約はブログの下にあるバナーから電話をして頂くか、LINE@で友達登録をして頂きLINEからご連絡してくださいね。

まずは気軽に連絡してください(^^)/スタッフ一同お待ちしております。

ご予約・お問い合わせ

電話

line@

ネット

営業時間