Tap to close

青木駅の周辺で寝違いにお困りの方へ!

青木駅の周辺で寝違いにお困りの方へ!

電話番号道案内

青木駅の周辺で寝違いにお困りの方へ!

こんにちは!阪神の青木駅から徒歩3分のあかり整骨院の奥野です。

長かったゴールデンウイークも終わり、久しぶりのお仕事で疲れてしまった方も多いのではないでしょうか?

また、連休中もなかなかお仕事を休めなかったり、お子さんのお世話などでゆっくりとできなかったという方も多くご来院されていました。

疲労が溜まりすぎる前にケアをして、健康に毎日を過ごしたいものですね!

 

さて今回は、ぎっくり腰のように急激な痛みが走る寝違いについて書いていきます。

そもそも寝違いとは、何らかの原因によって首~肩甲骨周辺にかけての痛みや運動制限が出た状態のことです。

冷えや疲労、長時間のデスクワークの他、高さや固さのあっていない枕を使用することなどが原因だと言われています。また、いつもと違う体勢で寝たり、長時間同じ方向を向いて寝ることでも発生しやすくなります。

そのほかに、寝違いを起こしやすい人の特徴として姿勢の悪さが挙げられます。

寝違いで痛めることの多い筋肉のほとんどが頸椎(首の骨)~肩甲骨に付着します。

姿勢の悪さや使い過ぎなどが原因で頸椎に歪みが生じたり、左右の肩甲骨の高さが違う人は、この二つの骨の間につく筋肉が捻じられている状態にあります。

例えるなら筋肉が雑巾絞りされている状態で普段生活しているわけです。これでは痛めてしまうのも仕方ないですよね?

ただでさえ首や肩の筋肉はストレスの影響で固くなりやすい部分だと言われています。

それに加え、上にあげたような原因が加わることで寝違いを引き起こしてしまいます。

 

では、寝違えてしまった時はどのような対処をすればよいのでしょうか?

一般的には、痛めた直後は患部が炎症を起こし熱をもっているため、その部分を冷やすのが良いと言われています。冷シップや保冷剤がおススメです。

しかし、そもそもは筋肉に疲労が溜まり固くなっていることが原因のため、冷やしすぎるとその筋肉がさらに固くなってしまい、かえって症状の回復が遅くなる場合があります。

それを避けるために過度なアイシングは避けてください。目安としては、冷シップの場合は1時間程度、保冷剤の場合は10分~15分程度です。

しかし、これらはあくまで一時的な対処にすぎません。

大切なことなので繰り返しますが、寝違いは日常生活での姿勢や疲労によって溜まった筋肉の疲労が原因であり、必然的に引き起こされた痛みです。

そのため、一時的に痛みが引いたとしても、同じような姿勢や体の使い方をしていては、また同じような痛みに襲われてしまうでしょう。

 

そんな寝違いの患者様に対して、あかり整骨院では早く痛みを落とすことはもちろん、いかに再発を防ぐかにこだわって治療をさせて頂いています。

そのために、原因となった筋肉の炎症を鎮め、固さを取り除くことで痛みの緩和を目指します。

また、その筋肉に負担をかけてしまう悪い姿勢を矯正する治療を並行して行います。この二つの治療を行うことで、痛みの早期改善と再発防止が期待できます。

さらに、問診や診察を通して、なぜその筋肉が悪くなってしまったのか?を考えます。

例えば、普段からデスクワークをされている方は治療によって痛みが引いたとしても、お仕事を続けている限り首や肩に疲労が溜まり続けます。

しかし、今までは何も意識せずにデスクワークをしていた方が、30分に1回でも立ち上がり首や肩のストレッチをするだけで再発しにくくなります。

このように、普段のどんな動きやくせが原因となっているかを一緒に考え、その疲労が溜まりにくくなるようなアドバイスをさせて頂きます。

あなたのその痛みには、必ずなにか原因があります。その原因がなにかを一緒に考え、痛みが再発しにくいお身体へと変えていきませんか?

まずはお気軽にあかり整骨院までご連絡下さい!

 

 

ご予約はブログの下にあるバナーから電話をして頂くか、LINE@で友達登録をして頂きLINEからご連絡してくださいね。

まずは気軽に連絡してください(^^)/スタッフ一同お待ちしております。

ご予約・お問い合わせ

電話

line@

ネット

営業時間