Tap to close

阪神青木駅の周辺で鵞足炎でお困りの方へ

阪神青木駅の周辺で鵞足炎でお困りの方へ

電話番号道案内

阪神青木駅の周辺で鵞足炎でお困りの方へ

こんにちは!阪神の青木駅から徒歩3分のあかり整骨院の奥野です。

梅雨に入り、お天気の崩れる日が多くなってきました。

普段から運動習慣のある人の中には、思うようにお身体を動かせなくて、ストレスが溜まっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな時は、ご自宅でも簡単にできるラジオ体操がオススメです。

お身体を大きく動かすことを意識して体操して頂くことで、運動不足が解消できます!

 

今回は、日常的にランニングやスポーツをしている人に多い鵞足炎(がそくえん)について書いていきます。

そもそも鵞足(がそく)とは何なのでしょうか?

人の太ももの内側には縫工筋、薄筋、半腱様筋という3つの筋肉があります。

これらの筋肉は、骨盤やお尻から始まり膝のすぐ下にある脛骨に付着します。

この付着部の形がガチョウの足のように見えることから鵞足と名づけられました。

鵞足炎とは簡単に言うと、この鵞足に炎症が起きた状態です。

スポーツなどによって過度な膝の曲げ伸ばしを繰り返すことで、鵞足と脛骨の上端が擦れて炎症を起こしてしまうのです。

当初は、運動後に膝下~内側にかけて痛みを感じ、進行すると階段の昇り降りなどの日常生活に支障をきたすこともあります。

 

これを防ぐためには運動前後のストレッチと、運動後のアイシングが一番効果的な予防法と言われますが、ご自身の体力に合わせて運動量や内容を決めることも大切です。

実際に痛みが出てしまったら、硬くなってしまった3つの筋肉を柔らかくし、鵞足部の炎症を抑えることために治療しましょう。

早期に治療し、運動量の調節などの対策をとることで、進行をかなり防ぐことが出来ます!

 

また、単純な使い過ぎだけが原因となることは少なく、なぜ痛めてしまったのか?を把握することが再発予防のために重要になります。

本来、膝や股関節を左右均等に使って運動出来ていたら、どちらかだけが痛くなることはありません。

しかし、片方だけ痛くなるということは必ず何かの原因があります。

例えば、太ももや股関節の柔軟性の獲得不足、左右の筋力差、体に合ってないフォーム、ストレッチやアイシングの不足などが考えられます。どこに問題があるのかを知り、それぞれに合った対策を取ることで再発の可能性を大きく減らせます。

特に、活動できる期間に限りのある、部活をしている学生さんやスポーツ選手の方々には急務と言えるでしょう。

しかし、医学的知識のない方に細かい原因の特定は難しいため、早期に医療機関を受診することをおすすめします。

あかり整骨院でも、治療と同じくらいに原因の特定とその改善に力を入れています。

膝の痛みは、悪化すると日常生活の質やスポーツのパフォーマンスを大きく低下させます。

すぐに治療して健康な状態を取り戻しましょう!

 

ご予約はブログの下にあるバナーから電話をして頂くか、LINE@で友達登録をして頂きLINEからご連絡してくださいね。

まずは気軽に連絡してください(^^)/スタッフ一同お待ちしております。

ご予約・お問い合わせ

電話

line@

ネット

営業時間