Tap to close

これから運動を始めようという方へ!

これから運動を始めようという方へ!

電話番号道案内

これから運動を始めようという方へ!

こんにちは!阪神の青木駅から徒歩3分のあかり整骨院の奥野です。

暑かった夏も終わり過ごしやすい季節になりましたね。

夏は暑くて運動できなかった方は、この機会にお体を動かしてみるのもよいかもしれませんね!

11月は神戸マラソンの時期でもあります。あかり整骨院の患者様の中にも毎年参加されている方がいらっしゃいます。

今回は、そんな運動を始めようという方にお読み頂きたい内容になっています。

 

 

さて、皆さんは運動を始めようというときにまず何をしますか?

こんな質問を患者様にすると、たいていの方はストレッチやウオーミングアップと答えて下さいます。

続けて、どんなストレッチやウオーミングアップをしていますか?と尋ねると、その答えは人によって様々です。

中には、もう少し工夫するとより効果を得られそうな方や、間違ったやり方のせいで逆にパフォーマンスを下げてしまいそうな方もいらっしゃいます。

では、どのようなやり方が効果的なのでしょうか?

意識して頂きたいポイントは2つです!

 

1つ目、運動前と運動後でストレッチのやり方を変える。

ストレッチには2種類あることを皆さんはご存じでしょうか?

動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)と静的ストレッチ(スタティックストレッチ)です。

簡単に言うと、動かしながら大きく筋肉を伸ばすのが動的ストレッチ、大きく動かさず少しずつ筋肉を伸ばすのが静的ストレッチだと思ってください。

この2つには異なるメリットがあります。

動的ストレッチは筋肉を動かしながら伸ばすため、血流が良くなり体温も上昇します。つまり、体が動きやすい状態になるわけです。

運動前に行うのに適していますね!

反対に、静的ストレッチはゆっくりと筋肉を伸ばすことで可動域の改善やケガの防止に効果があると言われています。

こちらは運動前に行うと、かえってパフォーマンスの低下に繋がることがあります。運動後に行うのに適しています。

運動前には動的ストレッチでパフォーマンスを上げ、運動後には静的ストレッチでケガの予防を心がけましょう!

 

2つ目は、ストレッチの順番に気をつける!です。

例えば男性に多くみられる、がに股で足が外に開いている方の場合、普通に生活や運動をすると足の外側に疲労が溜まりやすくなります。

このような方が普通にストレッチをすると、硬くなっている下半身の外側ばかりが伸び、太ももの内側やふくらはぎの内側がうまく伸ばせないことがあります。

そこで、最初にがに股の原因となるお尻や太ももの外側の筋肉を伸ばし、次に太ももの前後、最後にふくらはぎといった順番でストレッチをすると、ストレッチの効果を実感して頂きやすくなります。

このように、ご自身のお体の使い方の癖や左右差を理解した上で、ストレッチやウオーミングアップを行うとより効果的です。

 

スポーツをしようとお考えの方はこの2つを実践して楽しくお体を動かしてください!

使い方の癖や左右差は皆さん違います、ご自身のお体のことを正しく理解するために、ぜひ一度あかり整骨院へご来院ください。

 

ご予約はブログの下にあるバナーから電話をして頂くか、LINE@で友達登録をして頂きLINEからご連絡してくださいね。

まずは気軽に連絡してください(^^)/スタッフ一同お待ちしております。

ご予約・お問い合わせ

電話

line@

ネット

営業時間